大学受験は、「頭がいい」と言われてきた人のほうが失敗している気がします。

理由は、

  • 努力を怠ってしまう
  • 井の中の蛙になってしまう

というのが理由です。

私の塾では、そういう人が意外と多いと思います。

札幌や名古屋のような微妙な都会、しかし実は田舎で少し頭がいいと言われる程度で満足してしまうことがあります。

私自身はそうでした。

100歩譲って、中学受験で筑駒とか灘に合格し「頭がいい」言われるのはわかります。

しかし、札幌の地方の中学校での成績がいいからといって、そこで満足してはいけません。

全国区ではまず勝てないからです。

凡人が努力の継続と工夫を怠ると難関大にはいけません。

中学のうちから全国を視野に入れて勉強をしましょう。

もし中学や高校の校内の成績で満足している人がいたら、全国模試などを受けましょう。

進研模試は偏差値が高めに出るので、できれば河合塾の模試を基準にするといいです。

英語でお困りの方

札幌英語専門塾で一緒に勉強してみたい方は、ぜひお問い合わせください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事